ダウンジャケット 日数

※本ページにはPRが含まれます。

ダウンジャケットをクリーニングに出すとどれ位の日数がかかるのでしょうか?

およそ7~10日ほどの期間をみておきましょう!
ポイント(読了時間5分)

ダウンジャケットのクリーニング日数は7~10日
急ぎの場合、最短2日で完了する店舗もある
時間をかけず処理するとリスクがある

この記事を読むことで、リスクが少ない最短の日数の目安が分かります!

「ダウンのクリーニング料金を節約したい」という方には、リナビスがおすすめです。

 

ダウンジャケットのクリーニング料金 *相場1,500円~3,000円

サービス名料金
中根クリーニングLabo13,500円~
キレイナ9,900円~
リネット2,970円~
白洋舎3,190円~
ポニークリーニング2,200円~
リナビス1,175円~

 

リナビスはパック料金制です。そのため、白洋舎やポニークリーニングなどに比べて、最大53%も節約できます。保管サービスが12か月無料・毛玉取り無料・染み抜き無料などサービスが充実しています。

数々のクリーニング店を調査した結果、ダウンを洗うなら、リナビスが最も良いと思いました!

リナビスは、TV番組のカンブリア宮殿にも取り上げられています。当メディア「タククリ」でも45社中1位の人気を誇ります。

また、ダウンと一緒に「冬物アウター」を出すことで、よりクリーニング代を節約できますし、来シーズンまで保管してもらえます。リナビスの評判や仕上がり品質は、「リナビスのクリーニング品質を評価レビュー|口コミ評判が悪い・仕上がり最悪は嘘?」をご覧ください。

おすすめ宅配クリーニングは、リネット!

  • まとめ出しで最大30%OFF!
  • しみ抜き・毛玉取り無料
  • 今日預けて、あさって届く(業界最速)
リネットに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック! 【SNS評価レビュー】リネットの宅配クリーニングの口コミはどう?良い評判と悪い評判を徹底調査

ダウンジャケットのクリーニング日数はどのくらい?

ダウンジャケットの平均的なクリーニング日数は、およそ7~10日です。大手クリーニングチェーンでのクリーニング日数を以下にまとめましたので、参考にしてください。

 

クリーニング店クリーニング日数
うさちゃんクリーニング2日程度
白洋舎7日程度
ホワイト急便7日程度
リネット10日程度(配達を含む)
リナビス 14日程度(配達を含む)

 

ダウンジャケットは乾燥に多くの時間が必要なため、他の衣類と比べてクリーニング日数が長くかかります。そのため、クリーニングに出すときは、時間に余裕を持って出しましょう。

ダウンジャケットのクリーニングに時間がかかる理由

ダウンジャケットダウンジャケットが他の衣類よりクリーニング日数がかかる理由に、乾燥時間が長い点があります。ダウンジャケットの中の毛がダマになったり、痛んだりしないようゆっくりと自然乾燥で完全に乾かします。

 

ダウンジャケットのトラブルの大半は、乾燥不足や無理な乾燥による生地の痛みによるものです。トラブルを防ぐために、店舗によっては乾燥だけで4日間を費やす場合もあります。

そもそもダウンは、クリーニングを行った方がいいの?

そももダウンは、クリーニングができるものなの皆さんは、ご存じでしょうか?

ダウンを着用する冬場は、汗をかかず特にダウンに汗や汚れが付かないイメージですよね。

ですが、ダウンは意外と汚れている洋服です。

なぜなら、冬場は空気が乾燥しており空気中にホコリがたくさん待っているからです。

また、室内でダウンを着用している時などは汗が知らない知らない間に染みていることが多々あるからです

ダウンを着ると、保温性が高いのでドンドン水分を蒸発させてしまいます。

よって、あせをかいても気が付かず染み込んでしまいます。

この繰り返しでダウンは、ドンドン汚れが蓄積していきます。

衣服に汚れが蓄積することで、服の寿命が短くなってしまうので適性の頻度でクリーニングをすることをおすすめします。

ダウンのクリーニングに適切な頻度

そもそもダウンをクリーニングする日は多くの日数が必要です。

では、ダウンには一体どのくらいの頻度でクリーニングを行うのが適正なのでしょうか?

先程、洋服は洗濯を行った方が長持ちすると紹介しましたがダウンに関しては頻繁にクリーニングを行ってはいけません。

理由は、ダウンには羽毛が使用されているからです。

羽毛は、頻繁に水に濡れることで質感が変化してしまいダウンの特徴の保温性を保つことができなってしまうからです。

また、保温性以外にもダウンのシルエットがつぶれてしまう可能性もあるからです。

では、ダウンはどのくらいの頻度でクリーニングを行うのが正解なのでしょうか?

正解は、年に2回程です。

タイミングとしては、秋と春くらいがベストなクリーニング時期です。

特に衣替えで、クローゼットにしまう際などは「しまい洗い」を行いましょう。

長く着用しない時期が続きますが、その間に汚れが酸化してダウンがダメになってしまうことがあるからです。

ダウンのクリーニング頻度に関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック!

ダウンジャケットのクリーニング日数を短くするには?

仕上がり期間の早い業者を利用する

ダウンジャケットのクリーニング日数を短縮したい場合は、できるだけ仕上がり日の早い店舗に頼みましょう。

店舗によっては早くて2日できるところもあります。

特に仕上がりの早いクリーニング店を下表にピックアップしました。

クリーニング店クリーニング日数
うさちゃんクリーニング2日程度
クリーニングピュア3日程度
ポニークリーニング 3日程度

 

仕上がり日があまり早い店舗では、完全に乾ききっていない場合もあるため注意が必要です。

「即日対応可能」などと謳っている店舗はおすすめできません。

オプション加工を最低限にする

ダウンジャケットのクリーニングを急ぐ場合、加工オプションはできるだけ少なくしましょう。

「贅沢仕上げ」「防カビ加工」などのオプションを追加すると、通常よりクリーニング日数が長くなる可能性があります。

オプションを施す丁寧なクリーニングは、シーズンオフ中や長期保管の前に行うのがおすすめです。

また、クリーニング社によって、プレミアムコースといった通常のクリーニングよりも仕上が良くなるコースがあります。

このコースは、通常のコースよりも時間がかかるので日数を短くしたい場合は通常のコースを選択しましょう。

一日の早い時間帯に店舗に持ち込む

ダウンジャケットのクリーニング日数を短くしたい場合は、店舗へ午前中に持ち込みましょう。

その日の内から作業を開始できるため、最短の日数で受け取りができます。

夕方や仕事終わりの夜に持っていくと、早くても次の日からの作業になります。

同じ日でも出す時間帯によって仕上がり日に1日の違いが出てしまいます。

ダウンジャケットのクリーニング日数を比較!早いと最短何日?

クリーニング店15社(店舗型・宅配クリーニング)のクリーニング日数を表で比較しました。

 

クリーニング店クリーニング日数
うさちゃんクリーニング2日
カーニバルクリーニング2日
クリーニングピュア3日
ポニークリーニング 3日
タカケンクリーニング4日
せんたく便5営業日
リネット5営業日
クリラボ5日
ネクシー6日
カジタク7日
白洋舎7日
ホワイト急便9日
フランス屋9日
スワロークリーニング10日
洗濯倉庫10日
キレイナ 10日

 

ダウンジャケットを最短でクリーニングできる店舗は「うさちゃんクリーニング」と「カーニバルクリーニング」です。

どちらの店舗も最短2日で仕上がります。

しかし、2日間では自然乾燥で乾ききることはできないため、「静止乾燥」と呼ばれる方法で行っている可能性が高くなります。

静止乾燥とは、乾燥機のなかで服をハンガーに吊るしたまま回転させずに乾燥させる方法です。

自然乾燥と比較すると、生地が痛む可能性があります。

どうしても急ぎで必要な方のみ、最短2日で仕上がるクリーニング店を使うことをおすすめします。

 

そのほかにもおすすめの宅配クリーニングを一挙大紹介します!

ダウンジャケットをクリーニングに出すときは日数に余裕を持とう!

ダウンジャケットダウンジャケットをクリーニングに出すときは、シーズンオフ中や長期保管前など日数に余裕のある時に出しましょう。

自然乾燥以外の乾燥方法では、ダウンが傷む可能性があります。

また仕上がりの日数が早過ぎると、受け渡しの時に中までしっかり乾燥できていないこともあります。

カビや悪臭の発生は、乾燥が完全にできていないことが原因であることが多いです。

これらの理由から、ダウンジャケットのクリーニングは最低4日以上かけて処理をしてくれる店舗にお願いすることをおすすめします。

特に失敗されたくないダウンジャケットは、時間をかけて丁寧に仕上げてくれる、実績と信頼のあるクリーニング店に依頼しましょう。

仕上がりの日数を1日でも早く仕上げたいなら繁忙期を避けて依頼しよう。

ダウンをクリーニングの日数を短くしたい場合は、どのようにして依頼すれば良いのかご存じでしょうか?

正解は、クリーニングの繁忙期を避けることです。

クリーニングの繁忙期は、5〜6月と9〜10月です。

この時期は、衣替えの時期になるのでクリーニングの依頼が殺到します。

よって、納期が遅くなる傾向があります。

また繁忙期は、クリーニングの質が悪くなる傾向もあるので避けるべきです。

さらに大量のクリーニングを行うので紛失や傷などトラブルが発生しやす時期も繁忙期です。

ダウンをクリーニングに出す際の注意点

先程紹介した通り。ダウンのクリーニングには日数がかかります。

よって、ダウンをクリーニングに出したい場合は早めに依頼することをおすすめします。

また、ダウンのクリーニングは日数意外にも注意するべき点が多々あります。

今回は日数以外にも、ダウンをクリーニングに出す際の注意点を紹介します。

下記3つが注意する点です。

  • 破れやほつれはないか
  • 保管サービスがあるか
  • シームレスダウンではないか?

破れやほつれはないか

ダウンが、引っ掛かりして破れやほつれはありませんか?

破れやほつれがあるダウンをクリーニングに依頼すると対応してもらえないケースも存在します。

また、破れやほつれがあるままクリーニングを行うことでその箇所の傷が広がりさらに損傷がひどくなる可能性があります。

せっかくクリーニングを出したのに、傷が広がってかえってきたら残念ですよね。

よって、破れやほつれがあるダウンをクリーニングに出す際はどの部分に傷があるかを確認してから依頼するようにしましょう。

店舗型のクリーニング店なら、対面で依頼ができるので安心ですよね。

宅配クリーニングで依頼する際は、破れやほつれの箇所をメモして一緒に送付するなどをおこなうとクリーニングを行う人に伝えることができるのでおすすめです。

保管サービスがあるか

ダウンは、自宅で保管しようとするとかなりスペースを取りますよね?

また、クローゼット内にはコートやジャンパーなど場所をとる洋服がたくさんあります。

ダウンを入れるスペースがないという方は、いらっしゃいませんか?

そんな方は、保管サービスがある宅配クリーニングを利用しましょう。

保管サービスとは、名前の通りクリーニング後の洋服を返却ではなく保管してもらえるサービスです。

保管の期間の長さは、宅配クリーニングの業者によって様々ですが平均で6~9か月あたりが多いです。

しかも保管自体は、無料でおこなって貰える業者が多くとても便利ですよね。

適切な環境で、保管をしてもらえるので洋服を虫や湿気から守ることができます。

保管サービスに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック!

シームレスダウンではないか?

最近のダウンには、様々な種類があります。

特に、ダウンをクリーニングする際には自分が出すダウンが一体どの種類なのか確認してから依頼するようにしましょう。

シームレスダウンは、糸が使用されていないので普通のクリーニングよりも繊細です。

よって、クリーニングに出す際は注意が必要です。

もし、クリーニング店がシームレスと知らずに洗濯を行った場合には、高い確率で失敗してしまう可能性があります。

よって、しっかりとクリーニング店に伝える必要があります。

シームレスダウンに関してさらに、詳しく知りたい方は下記記事をチェック!