スーツ クリーニング 頻度

※本ページにはPRが含まれます。

スーツってどのくらいの頻度で出せばいいの?

季節によって、頻度が変わる?

スーツクリーニングに関して上記のような疑問をお持ちではないでしょうか?

なんとなくクリーニングしすぎもよくない気がしますよね。

今回の記事では、スーツのクリーニングの頻度に関して細かく解説します!

是非参考にしてください!

おすすめ宅配クリーニングは、リネット!

  • まとめ出しで最大40%OFF!
  • しみ抜き・毛玉取り無料(※毛玉取り䛿1分間)
  • 今日預けて、あさって届く(プレミアム会員限定」)
リネットに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック! 【SNS評価レビュー】リネットの宅配クリーニングの口コミはどう?良い評判と悪い評判を徹底調査

スーツを毎回クリーニングに出さない方が良い理由

スーツ

夏のように汗を大量にかく時期は、スーツを着用したら毎回クリーニングに出す方もいます。しかし、スーツを頻繁にクリーニングに出すと生地が傷み寿命が短くなります。

 

一般的なクリーニング店舗では、ドライクリーニングでスーツを洗っています。ドライクリーニングは、スーツに付着した皮脂汚れを落としやすいというメリットもありますが、スーツの繊維から油分が抜けてしまいやすく、生地のツヤが失われやすいというデメリットもあります。

 

また、高温でプレスすることによりスーツの生地がダメージを受けやすいこともスーツを頻繁にクリーニングに出さない方が良い理由の1つです。

 

しかし、スーツをクリーニングに出さないことでも、シーズンオフ時の長期保管によるダメージを受けてしまいスーツの寿命が短くなります。そのため、適切な頻度でスーツをクリーニングに出すことが大切です。

スーツをクリーニングに出す頻度(タイミング)は?

スーツ

スーツをクリーニングに出す頻度は、1シーズンに2回程度がおすすめです。

また、スーツのズボンは3回着用したらクリーニングに出すことが一般的です。

あまりにも頻繁にスーツをクリーニングに出すと、スーツに負担がかかり生地が痛みやすいため注意しましょう。

 

また、シーズンオフのスーツをクローゼットに保管する前にも出すことをおすすめします。

汗や汚れが付着したまま長期間保管することで、カビの原因になったり、生地がダメージを受けたり、生地に臭いが染みついたりと来シーズン着用するときに困る可能性があります。

なお、汗の量や汚れ具合などは時期や着用回数により異なるため、出すタイミングは状況により変わります。

そこで、これから時期(夏・冬)や着用回数などを踏まえて、それぞれどの程度の頻度でクリーニングに出せば良いか見ていきましょう。

関連記事

時期(夏・冬)による目安

夏のような汗をかきやすい時期は、2週間に1回程度の頻度を目安にクリーニングに出すことをおすすめします。

 

夏のスーツは夏向けの仕様として、背中にある裏地の部分がカットされた背抜型と呼ばれる風通しの良い作りとなっていますが、それでもTシャツなどに比べるとかなり熱がこもりやすく、汗もかきやすいため、型崩れや汚れ、ニオイなどが付きやすいです。

 

また、皮脂汚れによるダメージを受けることはもちろん、汗や湿気でスーツが濡れることでカビが発生する可能性もあります。そのため、2週間に1回程度を目安にスーツをクリーニングに出しましょう。

 

冬のように汗をかきにくい時期は、1シーズンに1回程度の頻度を目安にクリーニングに出すことをおすすめします。

 

冬は余程高温なオフィスでない限りは汗をかきませんし、冬のスーツは厚手のフェルトや撚糸などの布地を使っているため、夏のように頻繁にクリーニングに出すと、かえって傷みの原因になります。そのため、クリーニングの頻度は1シーズンに1回程度に留めておくと良いでしょう。

 

ただし、雪や雨などでスーツが濡れたときやワインやソースなどをこぼしたときなどは早めにクリーニングに出すようにしましょう。

着用回数による目安(あまり着ない場合)

毎日仕事でスーツを着る場合は、2週間に1回程度の頻度でクリーニングに出すことをおすすめします。

基本的なスーツのクリーニング頻度はこれまで紹介した通りで問題ないのですが、汗をかきやすい方は例外です。

汗はスーツの傷みを早めたり、汚れやにおいを付けてしまうので、2週間よりも短い頻度でクリーニングに出したり、スーツのローテーションを早める工夫が必要になります。

ただし、スーツを7~10着程度でローテーションしている場合は、汚れや臭いが気になったらクリーニングに出す程度で構いません。

なお、スーツを普段あまり着ない場合でも、クローゼットに長期間収納する前に、一度クリーニングに出すようにしましょう。

一度着用しただけでも、汗が付着していたり、知らない内に食べこぼしが付着している可能性もあります。

その場合、虫食いの原因になりますので、「汚れていないように見えるから大丈夫」と思わずに、クリーニングに出してから収納することをおすすめします。

スーツのクリーニングは、汗の量で決める

先程スーツのクリーニング頻度は、季節によって変わると紹介しましたが最終的には自分がどいのくらい汗をかくかで決めましょう。

理由は、スーツはクリーニングに依頼するだけで傷んでしまうからです。

スーツのクリーニングに依頼する主な原因は、汗染みです。

よって、自分がどのくらい汗をかくかでクリーニング頻度を決めるのもありです。

夏場でもあまり汗をかかない場合はクリーニングの必要はない

デスクワークの方など、夏場でもスーツを着用しているが冷房が入っているので汗をかかないという方が多いと思います。

職場環境で、全く汗をかかないという方は必要以上にスーツをクリーニングに依頼する必要はありません。

先程紹介した通り、スーツはクリーニングに依頼するだけで傷んでしまいます。

よって、極力クリーニングに依頼しない方が吉です。

スーツクリーニングの種類

ここからは、スーツクリーニングの種類に関して解説します。

実は、スーツには2種類のクリーニング方法があります。

それは、ウェットクリーニングとドライクリーニングです。

この2つのクリーニング方法は、それぞれスーツに付着した汚れによって異なります。

また、クリーニング方法によってスーツへのダメージが異なります。

それでは、ウェットクリーニングとドライクリーニングそれぞれそのような洗濯方法なのか紹介します。

ウェットクリーニング

ウェットクリーニングとは、洗濯絵表示が「手洗い✕」の表示の衣類等を、ドライクリーニングに加えて、特殊な洗剤と水を使って手洗いする方法のことです。

簡単にいえば、水洗いです。

ウェットクリーニングで落とすのが、できるのは水溶性の汚れです。

水溶性の汚れとは、主に汗や砂糖、果汁、スープ等の飲食物です。

これらの汚れが、スーツに付着した際はウェットクリーニングでクリーニングを依頼しましょう。

また、ウェットクリーニングはスーツへのダメージは大きいです。

よって、頻繁にスーツをウェットクリーニングでクリーニングするのは控えましょう。

ドライクリーニング

ドライクリーニングとは、ウェットクリーニングとは反対のクリーニング方法です。

ドライクリーニングでは、油性の溶剤を利用して衣類へのダメージを抑え洗浄します。

ウェットクリーニングだと縮んでしまう洋服もドライクリーニングで洗濯することで型崩れせずにきれいにクリーニングすることができます。

油性の落とすの汚れを落とすのが得意なので人体の分泌皮脂や外気の油煙、自動車排気ガスや飲食物などをきれいにしたときはドライクリーニングで依頼しましょう。

ドライクリーニングに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック!

「時間がない!ドライクリーニングを自宅でする方法」

汚れの種類に合わせて依頼しよう

ここまでスーツのクリーニング方法で、ウェットクリーニングとドライクリーニングの2種類を解説しました。

では、自分がスーツのクリーニングを依頼する際はどちらのクリーニング方法で依頼すればよいのでしょうか?

結論として、自分のスーツの汚れの種類に合わせて依頼しましょう。

水溶性の汚れをドライクリーニングで洗濯してもきれいに落ちることはありません。

よって、依頼する前は自分のスーツの汚れが水性・油性どちらか判断してから依頼するようにしましょう。

判断ができない場合は、各宅配クリーニング各社の問い合わせフォームなどから相談を行いましょう。

ビジネス以外で使用するスーツのクリーニング頻度

スーツは、必ずしもビジネスだけの場面で着用するものではありません。

普段は、私服で勤務OKの会社だけど打ち合わせの時はスーツという方も多いと思います。

また、冠婚葬祭など特別な行事の日にしか着用しない方も多いと思います。

年に数回しかスーツを着用しない場合、どのくらいの頻度でクリーニングを行えば良いかわからないですよね。

そんな方のために、ビジネス以外でのスーツを着用した際のクリーニング頻度を紹介します。

冠婚葬祭のスーツのクリーニング頻度

まずは、冠婚葬祭の時に使用するスーツに関してです。

冠婚葬祭は、年に1回あるかないかなのでなかなかスーツを着用する機会がないと思います。

よって、冠婚葬祭用のスーツはタンスやクローゼットの奥で長く眠っているということが多いと思います。

1回着たら、そのまま1年ほどそのまま保管するということもざらにありますよね。

そんな冠婚葬祭用のスーツは、1回着用したらクリーニングに依頼することをおすすめします。

なぜなら、先程紹介した通り1回着用したら次に着用するまで時間が空くからです。

時間が空くことで、カビや汗染みなどがスーツにできるからです。

よって、頻繁に着用することがないスーツは1回着用したらクリーニングに依頼しましょう。

就活用のスーツ

就活用のスーツは、常にきれいな状態でなければいけません。

よって、1か月に1回はクリーニングに依頼しましょう。

ですが、最近はオンライン面接などスーツを着用して外出する就職活動が減っています。

よって、スーツがあまり汚れていない・あまりスーツで外出していない場合はクリーニングに依頼する必要はありません。

就活用のスーツは、面接の際に必ずマイナスポイントになります。

よって、常にきれいな状態にして置くことが大切です。

また、就活用のスーツは1着のみしか持っていない方が多いと思います。

スーツのクリーニングは、通常の洋服と比較した際に少し時間がかかります。

よって、クリーニングに依頼する際はある程度余裕をもって依頼しましょう。

パンツ・スカートのみ

ジャケットは、着用せずにパンツ・スカートのみ着用するという方も多いと思います。

この場合、パンツ・スカートのみクリーニングに依頼しましょう。

期間は、夏なら2週間に1回で冬ならシーズン中に1回で問題ありません。

パンツ・スカートだけならあまり汗もかいていないので、ジャケットと一緒のタイミングで大丈夫と思っていませんか?

そしたらパンツ・スカートだけ汚くて、ジャケットはきれいという状態になってしまいます。

よって、パンツ・スカートだけ着用している場合も定期的にクリーニングにだしましょう。

スーツのクリーニング回数や頻度を減らす方法

スーツ

春夏と秋冬のスーツを5着ずつ用意する(間隔をあける)

スーツは最低3着以上持っておくことが望ましいと言われています。

なぜなら、3着をローテーションすることで、1日着用したスーツを中2日休ませられるためです。

そうすることで、スーツに付着した水分が乾燥して、形崩れやシワを防ぐことができます。

しかし、3着は最低ラインと言えます。

理想は、春夏と秋冬のスーツをそれぞれ5着ずつ用意して、週1回程度の着用で済ませることです。

そうすることで、クリーニング頻度を減らして、スーツの寿命が短くなることを防げます。

ウォッシャブルスーツを着用する

ウォッシャブルスーツとは、自宅の洗濯機で水洗いできるスーツのことです。耐久性が高いため、形崩れや縮みに強い特徴をもつスーツです。

ウォッシャブルスーツとは、洗濯機で“洗える”イージーケアを目的としたスーツのことです。

ご家庭での水洗い洗濯が可能なため、ドライクリーニングでは落としにくい水溶性の汚れを落とすことができ、近年高まりつつあるエコロジーの観点からも環境に配慮した製品です。

ウォッシャブルスーツを中心に着用することで、クリーニング店舗にスーツを出す頻度が減ります。

そのため、クリーニング代を節約できたり、休日に毎回クリーニング店に通う必要もなくなります。

ウォッシャブルスーツについて詳しく知りたい方は「【本当に洗える?】ウォッシャブルスーツを自宅の洗濯機で洗う方法と注意点」をご覧ください。

着用後のケアを怠らない

スーツを長持ちさせるためには、着用後のケアが大切です。

1日中着用したスーツには、大量のホコリが付着しています。

そのまま放置していると、繊維内にホコリが入り込み、虫食いの原因になります。

そのためスーツを着用したあとは、ブラッシングして付着したホコリを落としましょう。

ブラッシングのやり方は以下の動画が分かりやすいため、ぜひご覧ください。


また、スーツのメンテナンス方法について詳しく知りたい方は「お手入れ&保管はこれでOK!スーツのメンテナンス術」をご覧ください。

ハンガーを使い分けてダメージをおさえる

スーツを長持ちさせるためには、ハンガーの選び方も大切です。

 

例えば、肩先の厚みが50ミリ以上ある厚めの木製ハンガーを利用することで、形崩れを防ぎやすくなります。

しかし、木製ハンガーは水に弱いため、湿気のある日や濡れたスーツには適しません。

その場合は、水に強いプラスチック制のハンガーを選ぶことをおすすめします。

また、スーツズボン(スラックス)には、吊るして挟むタイプのものが適しています。

このようにハンガーを使い分けることで、スーツのダメージを抑えることができます。

スーツハンガーについて詳しく知りたい方は「ハンガーの選び方」をご覧ください。

適切な環境で保管する

スーツの寿命を伸ばすためには、保管場所も大切です。

特に、以下の場所にスーツを保管すると、生地がダメージを受けやすいため注意してください。

    スーツの保管に適さない場所
    • 高温多湿な場所
    • 直射日光の当たる場所
    • 風通しの悪い場所

    高温多湿な場所は、雑菌が繁殖しやすいため適しません。

    また、直射日光を浴びたスーツは紫外線の影響でダメージを受けるため、日陰にスーツを保管することが望ましいです。

    最後に、スーツを乾燥させるためには通気性の良い場所で保管することが大切です。

    その際は、スーツと他の衣類の間隔を最低2㎝以上開けることをおすすめします。

    通気性を確保すために、月に数回程クローゼットの中に扇風機などを使用して風を送りましょう!

    なお、スーツのポケットに入っている中身を取り出してから収納するようにしましょう。

    スーツのおすすめ宅配クリーニング6選!

    ここまでの内容で、スーツをクリーニングに出す頻度や保管方法が理解できたと思います。

    ところで皆さんは、宅配クリーニングを利用する際にどの会社を利用していますか?

    「宅配クリーニングを利用してみたいけど、どこがいいのかわからない」

    「できれば、安い宅配クリーニングサービスを利用したい」

    というような考えをお持ちではありませんか?

    実は、宅配クリーニングの中にはとても安く依頼することができる会社がたくさんあります。

    また、今回の記事では、スーツの宅配クリーニングが得意な会社を厳選して6 つ紹介します!

    リナビス

    リナビスは、業界大手の宅配クリーニング会社になります。

    宅配クリーニングの利用が初めての方は、とりあえずリナビスを利用すれば失敗することはありません。

    リナビスは、衣類の3点コースが最安値のコースで価格は7,590円です。

    1点当たり、2,530円でクリーニングが可能です。

    もちろんスーツもクリーニング可能です。

    ここで注目していただきたいのが、「1点当たり、2,530円」という点です。

    なぜなら、他社ならダウンジャケットで○○円やコートで○○円と言ったように洋服別で価格が変わることがあるからです。

    特に、コートやダウンは8,000円を超えることが多いので、比較するととてもお得ですよね。

    お得にクリーニングができる以外にも、リナビスには「6つの無料サービス」が存在します。

    6つの無料サービスの中には、しみ抜きや12か月保管無料などが含まれています。

    特に、追加料金なしで12か月保管無料ができるのはかなりお得ですよね!

    このように料金以外にも、お得なサービスが利用できるのがリネットの強みです。

    リナビスに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック!

    リネット

    リネットもリナビス同様に、業界大手の宅配クリーニング会社です。

    人気な理由は、細かいオーダーに答えることができる料金設定です。

    リネットは、リナビスとは真逆で洋服の種類によってクリーニング料金が変化します。

    最安値は、ワイシャツの319円です。

    ワイシャツ以外にも、アウター類も多くクリーニングを行うことが可能です。

    リネットは、1点からでも依頼することが可能です!

    普段は、クリーニングを利用しないけどたまたま洋服を汚してしまったという方におすすめです。

    また、リネットにも保管オプションが存在します。

    保管は最大8か月まで可能です。

    初回限定まとめ出しでクリーニング料金30%OFF

    今ならリネットは、初回限定まとめ出しで30%OFFです。

    ジャケットなら1,155円のところ809円と格安でクリーニングすることができます。

    初めて宅配クリーニングを利用するから安く利用したいという方には、ぴったりですね!

    この機会に是非リネットをご利用ください!

    クリーニングパンダ

    スーツのクリーニングは、クリーニングパンダで決まりです。

    なぜなら、スーツのクリーニングに嬉しい12もの無料サービスがあるからです。

    下記が12の無料サービスになります。

    • 送料無料
    • 集荷キット無料
    • 12か月保管無料
    • 汗抜き無料
    • シミ抜き無料
    • 消臭・抗菌無料
    • ボタン付け無料
    • タグ付け無料
    • 静電気防止加工
    • 再仕上げ無料
    • 毛玉取り無料
    • 防虫防カビカバー無料

    いかがでしょうか?

    スーツのクリーニングには嬉しいサービスがたくさんありますよね。

    特に、汗抜きやシミ抜きが無料なのは最高です。

    スーツを着用している時ってなぜかとても汗をかきませんか?

    特に夏の季節だと、大量に汗をかいてスーツが汗まみれなんてこともあると思います。

    ですが、クリーニングパンダなら無料で汗抜きやシミ抜きを行って貰えるのでとてもお得にクリーニングを行うことができます。

    また、スーツの取れかかったボタンなども補修してもらえるので毎日スーツを着る方にはとても嬉しいですよね。

    また今ならクリーニングパンダはプレミアム汗抜きとプレミアムカビ取りが何点でも無料です。

    通常なら料金が発生するところ、無料でおこなって貰えるのはとても嬉しいですよね。

    無料の汗抜きとカビ取りでは、落とすことができない頑固な汚れもプレミアムクリーニングを行うことで間違いなく落とすことができます。

    この期間限定キャンペーンを逃すことなく利用しましょう!

    初回550円分のポイントプレゼント!

    クリーニングパンダは、初回利用で550円分のポイントプレゼント中です!

    宅配クリーニングは、通常の店舗型のクリーニングと比べて高いのではと考えている方いらっしゃいませんか?」

    ちなみに、ポイントが貰えるのは新規会員登録を行うことが条件なのでご注意ください。

    また、クリーニングパンダはポイントを駆使することでお得にクリーニングを依頼することができる。

    クリーニングパンダのポイント制度は、会員ランクに応じてご注文金額の1~10%をポイントとして付与するシステムです。

    つまり、累計注文金額が増えるほどポイントの還元率が増えるというものです。

    さらに、貯まったポイントは永久的に消えることはありません。

    つまりクリーニングパンダを使用すればするほどお得になるというものです。

    また、一度会員のランクが上がったら二度と下がることはありません。

    クリーニングパンダのお得な情報を知りたい方は下記記事をチェック!

    クリーニングモンスター

    スーツを安全にクリーニングを行いたいならクリーニングモンスターに決まりです。

    なぜならクリーニングモンスターは、保障に関するサービスが全て無料だからです。

    もし、依頼したスーツに損傷や変色などが合った場合はクリーニング代金を全額返金してもらうことができるのはクリーニングモンスターだけです。

    自分のお気に入りのスーツも、保証が万全なら心配なくクリーニングを依頼することができますよね。

    また、クリーニングモンスターが無料なのは保証サービスだけではありません。

    加工サービスも無料で受けることができます。

    加工サービスの中には、汗抜き加工や消臭加工なども含まれておりスーツのクリーニングにはとても嬉しいですよね。

    また、珍しいのが折り目加工です。

    スーツをクリーニングを行うと、折り目が消えてしまうことが多々ありますがクリーニングモンスターならその心配はありません。

    むしろ、クリーニングに出すことでピシッときれいな折り目がついて返却してもらえるのはクリーニングパンダだけです。

    他社なら折り目加工を依頼するとオプションとして追加料金を請求されますが、クリーニンモンスターなら無料で行って貰えます。

    不入流シミ抜きの技術

    皆さんは、スーツに染みがついて落とすことができなかった経験はありませんか?

    実は、その頑固なシミはクリーニングモンスターなら間違いなく落とすことができます。

    なぜならクリーニングモンスターには、不入流シミ抜きの技術があるからです。

    不入流シミ抜きとは、国内最高のしみ抜き技術です。

    不入流シミ抜きは、短時間で素早くしみ抜きを行うことで繊維にダメージを与えることなくしみを落とすことができます。

    クリーニングモンスターでは、素材の種類に合わせてしみ抜きを行うことで丁寧なしみ抜きができます。

    国内最高峰の、不入流シミ抜きが体験できるのはクリーニングモンスターだけです。

    不入流シミ抜きなら、油汚れから食べこぼしなど多くの種類の汚れに対応可能です。

    スーツについた落とせない染みに悩んでいる方は、クリーニングモンスターを是非ご利用ください!

    ヤマトヤクリーニング

    ヤマトヤクリーニングは、創業60年以上の老舗クリーニング店です。

    クリーニングを行うのは、ベテランのプロのみ!

    高品質なクリーニングで、きれいにスーツをクリーニングしてもらいます。

    ヤマトヤクリーニングも、他の宅配クリーニング同様しみ抜きヤボタン修理、毛玉取りも無料です。

    また、新規会員登録+注文金額13,000円以上でプレゼントがあるのも大きな特徴です。

    ヤマトヤクリーニングを利用する際に、注意していただきたい点が納期です。
    高品質なクリーニングを行ってもらえる反面、納期が他の宅配クリーニング社と比べて遅いです。

    最短でも18日かかるので、急ぎでスーツの宅配クリーニングを依頼した時には不向きです。

    スーツをこだわってクリーニングを行いたいという方には、高級宅配クリーニングがおすすめです。

    高級宅配クリーニングとは、ワイシャツや礼服など組み合わせ自由で衣類10点セットで「糸魚川産ヒスイ」のブレスレットがプレゼントされるというコースです。

    再仕上げからホツレ補修まで全て無料で行って貰えるので通常のクリーニングとは仕上がりのレベルが異なります。

    さらに、スーツなどはハンガーBOXで返却してもらえるのでしわができることも絶対にありません。

    この機会に、是非ヤマトヤクリーニングを利用してみませんか?

    サマリーポケット

    皆さんは、サマリーポケットが宅配クリーニングのサービスがあることをご存じでしたか?

    実は、サマリーポケットには宅配クリーニングのサービスが存在し意外と人気なのです。

    コースは、一般的なスタンダードコースと特殊ドライクリーニングを行うプレミアムコースの2種類が用意されています。

    サマリーポケットの特徴は、クリーニング代の安さです。

    なんとスタンダートコースなら990円で依頼が可能です。

    洋服の種類を問わず1点で990円というのは、業界の中でも破格の安さです。

    また、プレミアムコースでも1点1,276円なのでとてもお得です。

    プレミアムコースなら、水溶性の汚れも油性のよごれも落とすことができます。

    スーツに頻繁につく、ボールペンなどは水溶性の汚れなのでサマリーポケットなら簡単に落とすことができます。

    また、クリーニング後も保管サービスが充実しているので安心して保管を依頼することが可能です。

    【番外編】どのくらいの頻度で皆はスーツをクリーニング依頼しているの?

    ここからは、番外編です。

    実際に、スーツをクリーニングに出す方々はどのくらいの頻度で依頼しているのでしょうか?

    実際に、スーツを着用している50名にどのくらいの頻度で依頼しているのか皆さんの頻度を覗いてみましょう。

    1カ月に1回が26人

    「スーツは、毎日着用するので1カ月に1回はクリーニングしないと不潔です!」(30代/サラリーマン)

    「1カ月に1回のクリーニングで、毎日きれいに来ています!クリーニングを行う手間を考えるとこれくらいの頻度がベストです」(50代/サラリーマン)

    「外回りで汗を書くことが多いので、1カ月に1回くらいの頻度でクリーニングしないとスーツが臭くなって大変です。」(50代/サラリーマン)

    3カ月に1回が14人

    「夫が、ずっとデスクワークなのでそこまでスーツは汚れません。なので私は3カ月に1回くらいの頻度でスーツをクリーニングに依頼しています。」(50代/主婦)

    「私のスーツは値段がそこそこ高いので、あまり頻繁には依頼しないようにしています。ですが3カ月に1回くらいは洗濯しないと臭いが気になるのですようにしています。」(20代/サラリーマン)

    「私は、スーツのクリーニング頻度は3カ月に1回です。理由はスーツの素材です。素材的に頻繁に洗濯をすると傷んでしまいダメになってしまいます。よって3カ月に1回くらいがスーツを痛めずにきれいに洗濯することができる頻度です。」(20代/OL)

    半年に1回が10人

    「スーツは、半年に1回の頻度でクリーニングしています。タイミングとしては季節の変わり目くらいです。年に2かい程度クリーニングすればいいかなって感じです。」(20代/OL)

    「半年に1回のクリーニングで全然大丈夫だと思います!スーツのジャケットを着るのは主に通勤の時だけで社内なら脱いでいます。よって汚れることがあまり無いので半年に1回くらいのペースで問題ないです。」(30代/OL)

    「スーツのクリーニングは半年に1回が、ベストな気がします。普段は私服勤務の会社なのでスーツの必要はありません。ですがたまに打ち合わせの日などはスーツをきます。逆にその日着たスーツはクリーニングに依頼するようにしています。(30代/サラリーマン)

    スーツの寿命は、どのくらいか?

    最後は、スーツの寿命に関して紹介します。

    スーツは、一体どのくらい着用したら寿命がくるのでしょうか?

    結論からいうと、スーツの種類によります。

    それでは、下記で詳しく解説します。

    夏用スーツの場合

    記事が薄い夏用スーツの場合は、3〜4年になります。

    よって、1着のスーツは3〜4年きたら処分するようにしましょう。

    衣服の寿命がきたら、どれだけクリーニングを行っても仕上がりに限界がきます。

    冬用スーツの場合

    冬用スーツの場合は、4〜5年で寿命になります。

    よって、冬用スーツは4〜5年経過したら、処分しましょう。

    また、冬用のスーツは毛玉などができやすいのでこまめなメンテナンスを行うようにしましょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    今回の記事で、スーツのクリーニングの頻度やタイミングが理解できたと思います。

    また、最後に紹介したリネットやリナビスもスーツのクリーニングが得意なので是非ご利用ください!

    当記事で紹介した宅配クリーニング以外の業者を知りたい方は、下記記事をチェック!

    参考サイト:CUSTOM FASHION MAGAZINE -カスタムファッションマガジン-

    宅配クリーニングといえばリネット!