絨毯クリーニング

※本ページにはPRが含まれます。

おすすめ宅配クリーニングは、リネット!

  • まとめ出しで最大30%OFF!
  • しみ抜き・毛玉取り無料
  • 今日預けて、あさって届く(業界最速)
リネットに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック! 【SNS評価レビュー】リネットの宅配クリーニングの口コミはどう?良い評判と悪い評判を徹底調査

ラグや絨毯、カーペットにおすすめの宅配クリーニング

ラグや絨毯、カーペットのおすすめの宅配クリーニングを紹介します。

絨毯、カーペットなどは、重たくて手持ちで近くのクリーニング店にもっていくのはとても手間ですよね。

ですが、宅配クリーニングなら、自宅まで集荷してもらえるのでとっても楽ちんです!

また、宅配クリーニングだけのサービスなども多数存在します。

下記宅配クリーニング業者は、ラグや絨毯、カーペットのクリーニングがとても得意です。

是非参考にしてください!

クリーニングパンダ

クリーニングパンダは、宅配クリーニングの中でも一番ラグや絨毯、カーペットのクリーニングが得意です。

カーペットだけでなく、ラグ、玄関マット、絨毯、段通も可能です。

クリーニングパンダなら、新規会員登録を行うだけで550円分のポイントをプレゼントしてもらえるのでお得にクリーニングすることができます。

料金は、13,200円からです。(※サイズによって料金が変化します。)

クーポンを利用することで、12,700円でクリーニングを依頼することができます。

折り畳むことができない絨毯でも、クリーニングパンダなら専用のキットを届けてもらえるので心配無用です。

安く高品質なクリーニングを行いたい方は、クリーニングパンダをご利用ください!

実際に、クリーニングパンダを利用した方の声を知りたいという方は下記記事をチェック!

クリーニングパンダをさらにお得に利用する裏技を知りたいという方は、下記記事をチェック!

ニック

ニック

ニックも、カーペットのクリーニングが得意な業者で有名です。

料金は、1畳あたり1,450円〜(アプリ価格)です。

品質には、どの宅配クリーニングよりもこだわりがあり新品のような仕上がりになります。

また、保管サービスも最長11か月無料などうれしいサービスが多数存在します。

送料やしみ抜きなども無料などでお得にクリーニングすることができます。

ニック以外の宅配クリーニング業者を比較・検討したい方は、下記記事チェック!

リナビス

ラグや絨毯、カーペットをまとめて、依頼したい方はリナビスがおすすめです。

なぜなら、リナビスならまとめて依頼することで1枚当たりの料金が低くなるからです。

また、6畳未満なら統一料金なので料金もわかりやすいです。

リナビスなら他社なら不可のホットカーペットもクリーニングすることが可能です。

リナビスは、下記のような料金設定になります。

1枚の料金→11,000円
2枚の料金→15,321円(30%OFF)

お得にラグや絨毯、カーペットのクリーニングをしたい方はおすすめです!

リナビスに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック!

ヤマトヤクリーニング

ヤマトヤクリーニングは、創業60年以上の老舗宅配クリーニングです。

ヤマトヤクリーニングの特徴は、高品質なクリーニングです。

ですが、ヤマトヤクリーニングを利用する際に注意していただきたいのが納期です。

ヤマトヤは、他の業者と比較した際に納期が遅いという特徴があります。

よって急ぎで、クリーニングを依頼したい方はあまりおすすめしません。

ヤマトヤクリーニングを利用するか否か悩んでいる方は、下記記事をチェック!

ピュアクリーニングプレミアム

ピュアクリーニングプレミアム

ピュアクリーニングプレミアムは、タレントの渡辺美奈代さんがブログで絶賛したことでも知られている高品質な宅配クリーニングです。

ピュアクリーニングプレミアムでは、だんつう以外の絨毯のクリーニング料金が最も安くなっており、1畳あたり1,500円という相場よりも安い料金でクリーニングしてもらうことができます。

そのため、安い料金でだんつう以外の絨毯のクリーニングをしてもらいたい人にはぴったりのサービスになっています。

絨毯をクリーニング業者に依頼するメリット・デメリット

クリーニングに依頼する際のメリット・デメリットについて説明します。

下記のメリットとデメリットを見て依頼するべきかどうか判断することをおすすめします。

メリット

店舗型の場合は対面では会話ができるので疑問点を質問できる点や、特に綺麗にしてほしいところを伝えられるのが良い点です。

クリーニングを利用したことのない方や安心してクリーニングをしたい方におすすめです。

宅配型は家まで業者が絨毯を受け取りに来てくれてクリーニングが完了した際も自宅まで配達してくれるので楽にクリーニングができます。

仕事で忙しくてクリーニングに依頼する時間がない人でも宅配型クリーニングは24時間営業のサービスが多いので時間を気にせず依頼できます。

そして絨毯は重いので女性の方は運ぶのが難しいですが宅配型クリーニングはどこかに運ぶ手間が必要ないのが魅力です。

デメリット

店舗型の場合は絨毯のクリーニングに対応していないことがあるので確認する必要があります。

他にも営業時間内に店舗を訪れなければならないので日中忙しくて受け取りに行く時間んがない人にはおすすめしません。

宅配型クリーニングは送料がかかることが多い点です。

送料は重さ・大きさによって決まります。

そして地域によって他の地域よりも送料が高くなる場合があります。

このようなデメリットを理解した上でクリーニングを利用しましょう。

クリーニングに出すべきラグや絨毯、カーペット

洗濯表示が「家庭での洗濯禁止」のもの

水洗い不可

ラグや絨毯、カーペットについている洗濯表示が「家庭での洗濯禁止」となっている場合は、自宅で洗濯することができないため、必ずクリーニングに出す必要があります。

自宅でラグや絨毯、カーペットを洗濯しようとする場合には、まず洗濯表示を確認しましょう。

洗濯機に入りきらないサイズの大きいもの

絨毯やカーペットは、サイズが大きくて洗濯機に入りきらないものも多いです。

このような場合には、大型の絨毯やカーペットなどをクリーニングしてもらえる業者に依頼するのがおすすめです。

絨毯クリーニングで落とせる汚れかどうか

クリーニングに依頼する際に、まずきれいに落ちる汚れかどうかを確認するようにしましょう。

なぜなら、汚れの種類によってはクリーニングに依頼してもきれいに落ちないケースがあるからです。

よって、依頼する際は完全に落ちる汚れかどうか確認してから依頼するようにしましょう。

絨毯の落とせる汚れ

  • ホコリや砂
  • 食べこぼし
  • 黄ばみ
  • 血液
  • 化粧の汚れ

長い間絨毯に溜まったシミはクリーニングで落とすことが可能です。

他にも食べ物の汚れや化粧品の汚れも落とすことができます。

絨毯の落とせない汚れ

  • カビ
  • 油性インク
  • ペットの糞・尿

絨毯についたカビの跡はクリーニングでも落とすことができません。

そして、油性インクは絨毯に染み込んでしまい素材によっては落とすことができません。

ペットの糞尿は少量なら落とすことができますが、時間が経過したものは汚れた部分の繊維が酸化するのでクリーニングでも落とせない汚れになってしまいます。

カーペットをクリーニングに依頼する際の注意点

カーペットをクリーニングに依頼する際の注意点を紹介します。

意外とそのまま依頼してしまう方が多いと思います。

ですが、依頼時の注意点を抑えておかなければ最悪クリーニング不可で返却されるケースがあります。

よって、今から紹介する点をしっかり覚えましょう!

注意点は、下記4つです。

  • カーペットの素材を見る
  • ほつれ・汚れはないか
  • 洗濯表示タグをみる
  • 油・カビがないか

カーペットの素材を見る

クリーニングに依頼する時は、しっかりカーペットの素材を見るようにしましょう。

理由は、クリーニング不可の素材があるからです。

クリーニング不可のカーペットを洗濯して失敗した時は、クリーニング業者側も責任がもてないので返却の対応をします。

主に、下記素材がクリーニング不可の素材です。

  • ウール
  • カシミヤ
  • アンゴラ
  • レーヨン
  • シルク

これらの素材が使用されているカーペットはクリーニング不可の場合が多々あります。

よって、カーペットのクリーニングを依頼する際は素材をしっかり確認しましょう。

クリーニング不可の素材でもどうしても依頼したいときは、事前にクリーニング業者に確認しましょう。
宅配クリーニング業者によっては、クリーニングができる場合もあります。

ほつれ・汚れはないか

カーペットをクリーニングに依頼する際は、全体をみてほつれ・汚れはないかを確認しましょう。

依頼する前に、しっかり確認することでクリーニング後の仕上がりを比較することができます。

また、ほつれなどがあるとクリーニングを行う際にその箇所から傷が広がることがあります。

よって、ほつれがある場所はクリーニング前にしっかりメモなどに残して伝えるようにしましょう。

しっかり伝えることで、クリーニング業者も細心の注意を払ってクリーニングを行います。

洗濯表示タグをみる

最後は、「洗濯表示タグをみる」です。

カーペットは、洗濯表示をみると水洗い不可のケースが多々存在します。

カーペットは、基本的に水洗いなので水洗い不可マークがある場合はクリーニングを依頼することができません。

よって、依頼前に事前に確認するようにしましょう。

また、宅配クリーニングの中には水洗い不可でもクリーニングができるという業者も存在します。

こちらも依頼する前に事前に、確認をするようにしましょう。

油・カビがないか

シミ抜きが必要な場合は事前に伝えることで綺麗に落としてくれます。

そして、どこに汚れがあったか把握しておくことでクリーニングに出したあとに汚れが酷くなっていたり、落ちていなかった際にすぐにわかります。

ラグや絨毯、カーペットはどのくらいの頻度でクリーニングに出せば良い?

カーペット類は、毎日掃除することによってほぼきれいな状態を保つことができますので、クリーニングの目安は半年に1回程度でよいでしょう。

ただし、小さい子どもがいる場合や汗のかきやすい時期には、3か月に1回くらいを目安としてクリーニングに出すことをおすすめします。

使用状況にあわせた定期的なクリーニングを行うことで、使っているカーペット類をより長持ちさせることができます。

ラグや絨毯、カーペットをクリーニングに出すときにかかる日数

ラグや絨毯、カーペットのクリーニングの仕上がりまでの日数は、素材や大きさよって異なりますが、一般的には1週間から1か月程度です。

ラグや絨毯、カーペットの宅配クリーニングの料金を一覧で比較

ラグや絨毯、カーペットのクリーニング料金の相場は、1畳あたり2,000円程度になっていることが多いです。

ただし、中国製の高級絨毯であるだんつうの場合は、1畳あたり3,500円程度になっています。

大きいカーペットを店舗まで持ち込むのは大変なので、自宅にいながらクリーニングに出すことができる宅配クリーニングが便利ですが、一般的なカーペットの場合、ピュアクリーニングプレミアムを利用することで、相場よりも安い料金で依頼することができます。

また、だんつうの場合は、相場よりもやや割高になっていますが、白洋舎が宅配クリーニングの中では最も割安になっています。

サービス料金
白洋舎1,300円(ウィルトン系)
3,100円(シャギー)
4,200円(中国だんつう)
クリーニングのデア3,360円(ウィルトンA)
2,880円(シャギー)
4,400円(中国だんつう)
ピュアクリーニングプレミアム1,500円(だんつう以外)
4,500円(だんつう)

追加オプションの値段

防虫・防ダニや保管するサービスなどの追加オプションサービスが多くの宅配型クリーニングに存在します。

他にも食べこぼしの汚れなどの汚れがある際はシミ抜きのオプションを依頼することをおすすめします。

各クリーニング店によって料金や納期が違うので依頼する前に事前に確認してみてください。

ラグや絨毯、カーペットのクリーニングの正しい保管方法

ラグや絨毯、カーペットが、クリーニングから返却されたらどのように保管を行うかご存じでしょうか?

せっかくクリーニングできれいになったカーペットも正しい保管方法を行わなければ虫食いやカビなどが生えてしまいます。

よって、クリーニングのカーペットの正しい保管方法を紹介します。

是非参考にしてください!

こまめにゴミをとる

クリーニング後のカーペットはきれいですが、使用し始めた瞬間からドンドン汚れていきます。

それは、髪の毛やお菓子の食べカスなどが蓄積するからです。

よって、クリーニング後のカーペットはこまめに掃除機をかけるようにしましょう。

ゴミが蓄積することにより、次第にカーペットの手触りなどが変化してしまうことがあるので少しでも汚れがついたらすぐに掃除することをおすすめします。

また、こまめに掃除することがクリーニングの回数を減らすコツです。

定期的に風干しをする

カーペットは、定期的に風干しをすることをおすすめします。

なぜなら、カーペットは常に床に敷いている状態だと湿気がこもることがあるからです。

湿気がこもることで、カビが発生する可能性があります。

よって定期的な風通しが必要です。

また、風通しをする際は太陽の光の下でおこなうことでダニなども殺すことができるので一石二鳥ですね。

どうしても室内干しになる方は、扇風機などを使用して風を送るようにしましょう。

重曹を振りかける

カーペットを使用している時に、臭いが気になるという方は重曹を使用しましょう。

重曹には、臭いをとる効果がありカーペットに振りかけることで嫌な臭いをとることができます。

重曹を全体に振りかけたあとは、5分程放置して掃除機で吸い取りましょう。

多少手間ですが、このひと手間を行うことできれいに臭いをとることができます。

掃除機を定期的にかける

掃除機は週に2回かけることが理想です。

掃除機のかけ方のコツは押し付けずに優しく毛並みに逆らいながら動かすことです。

絨毯の表面だけでなく裏も掃除機をかけることで湿気をこもらなくなります。

奥の汚れも取る

掃除機をかけるだけでは奥のゴミは取り除けません。

なので月に一回水と中性洗剤を混ぜたものに雑巾をに浸し毛並みに逆らいながら絨毯を拭くことをおすすめします。

拭き終わった際にしっかり乾燥させることが重要です。

開梱する

クリーニング後はビニール袋に入って返ってくることが多いです。

そのままビニールに入れっぱなしにしてしまうと湿気が発生してカビが生える可能性があります。

なのでクリーニング後はすぐに開梱して保管しておきましょう。

防虫剤・乾燥剤を使う

クローゼットには湿気が溜まりやすく衣類害虫が住みやすい環境です。

絨毯を保管しておく際に衣類害虫によって絨毯が虫食いの被害に遭う可能性があります。

このような被害を防ぐために防虫剤や乾燥剤を使用して絨毯に衣類害虫が寄せ付けないようにしたり、衣類害虫の食欲を減少させる効果があります。

防虫剤・乾燥剤を利用して絨毯を虫から守りましょう。

絨毯を自分で洗う方法

クリーニングに依頼するだけでなく自分自身で洗う方法を3つ紹介します。

手洗い

手洗いは浴槽で洗うことをおすすめします。

中性洗剤で2時間ほどつけ置きして踏み洗いを繰り返します。

水気がなくなったら日陰で三角干しをして乾かします。

コインランドリー

絨毯のサイズによって使う洗濯機の大きさが変わるのでかかる料金が変わります。

加えて注意点があります。

洗う前に絨毯の洗濯表示を見て水洗いが可能かどうか確認しましょう。

そして洗浄したあとに乾燥機を利用するので乾燥を行っても良いかも確認し、絨毯を傷つけないために低温で洗濯乾燥を行うことが重要です。

もう一つの注意点は絨毯のサイズに適用した洗濯機であるか確認しましょう。

目安としては2畳で17kgの洗濯機を使用しましょう。

洗濯機

自分の家の洗濯機で洗う場合はまず容量を確認しましょう。

そして絨毯の奥にあるホコリなどのゴミを掃除しておきます。

洗濯ネットに入れて中性洗剤で大物洗い・弱水流で洗います。

30秒ほど脱水した後は裏側を上にして日陰で三角干しする。

裏側についているゴムでできている滑り止めを傷つけないように注意しましょう。