高級ブランド アイキャッチ

※本ページにはPRが含まれます。

おすすめ宅配クリーニングは、リネット!

  • まとめ出しで最大30%OFF!
  • しみ抜き・毛玉取り無料
  • 今日預けて、あさって届く(業界最速)
リネットに関してさらに詳しく知りたい方は、下記記事をチェック! 【SNS評価レビュー】リネットの宅配クリーニングの口コミはどう?良い評判と悪い評判を徹底調査

目次

高級ブランド洋服を近所のクリーニング店に出しても大丈夫?

カナダグースやモンクレール、マッキントッシュのような高級ブランド洋服を近所のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか?

結論として、失敗する可能性があるため高級ブランド洋服を近所のクリーニング店に出すことをおすすめしません。

なぜ、このような事態が発生するのでしょうか?

それは、近所にある店は手間をかけることより効率を優先している可能性があるためです。

質より量という考え方のため、ブランドでない服と同じ方法で洗ったり、デリケートに扱わないで破損される場合もあります。

そのため絶対に失敗されたくない高級ブランド洋服は、高級ブランド専門のクリーニング店に出すのがおすすめです。

ここからは、失敗を回避するために、高級ブランド洋服を出すクリーニング店の選び方を見ていきましょう。

kaoleft
失敗したくない高級衣類は専門店に任せた方が良さそうですね...!

 

高級宅配クリーニングの特徴6選

高級宅配クリーニングと通常のクリーニングは、どのような点が異なるの?と疑問に思ったことがあるかたはいらっしゃいませんか?

高級ブランドの洋服だけど、費用がもったいないから通常のクリーニングでイイやと考えているそこの方!

ちょっと待ってください。

高級宅配クリーニングは、通常のクリーニングよりも異なる点が多くあります。

では一体どのような点が異なるのか。

今回は、6つ紹介します。

6つの中に、自分が希望するサービスがあった場合はブランドの洋服でなくとも高級クリーニングに依頼することをおすすめします。

では、紹介します。

  • ほとんどの衣類がクリーニングができる
  • 1点洗いをしてもらえる
  • 検品が丁寧
  • ドライクリーニング表示でも水洗い可能
  • 通常のクリーニングでは、落とすことができない染みも落とすことができる
  • 修復サービスが充実している

ほとんどの衣類がクリーニングができる

高級宅配クリーニングなら、通常のクリーニングでは対応不可の素材も洋服も対応してもらえます。

基本的に、ほとんどの衣類がクリーニングができるという認識でも問題ありません。

よって、ブランド品だけではなくレザーなどは高級コースで依頼することをおすすめします。

よって、通常のクリーニングでは不可の洋服も高級宅配クリーニングに依頼することできれいにすることができます。

1点洗いをしてもらえる

高級宅配クリーニングの特徴として、「1点洗いをしてもらえる」があります。

通常のクリーニングは、まとめて洗濯機で洗濯するのに対して高級クリーニングなら1点洗い(個別洗い)を行てもらえます。

個別洗いをすることで、他の洋服との摩擦がへり繊維が傷むことを防いでくれます。

さらに、1枚の洋服に対象の水を使用してクリーニングを行うのでとてもきれいに仕上がります。

検品が丁寧

高級宅配クリーニングの特徴として「検品が丁寧」があります。

通常のクリーニングの場合は大量の洋服をまとめて検品を行うため多少品質が落ちてしまします。

ですが、高級宅配クリーニングなら1点づつ検品をおこなって貰えるので高い質でクリーニングを行ってもらえます。

ドライクリーニング表示でも水洗い可能

なんと高級クリーニングならドライクリーニング表示でも水洗い可能です。

「え!そうなの⁉」と驚いた方も多いと思います。

なぜなら、高級クリーニングならほとんどの素材の洋服がクリーニングは可能なのでドライクリーニング表示の洋服もクリーニングすることができます。

クリーニングを依頼する際に、洗濯表示を見て洗濯できない場合でも高級クリーニングコースなら可能です!

通常のクリーニングでは、落とすことができない染みも落とすことができる

高級宅配クリーニングなら通常のクリーニングでは、落とすことができない染みも落とすことが可能です。

さらに、漂白と色補正処理も可能です。

よって、洗濯で色落ちしてしまった洋服などもきれいな色を取り戻すことができます。

また、各宅配クリーニング社が行ってる無料しみ抜きでは落とすことができない頑固な染みもきれいに落とすことが可能になります。

修復サービスが充実している

高級宅配クリーニングは、修復サービスも充実しています。

ほつれや色あせなど通常のクリーニングでは修復不可の傷も高級クリーニングできれいに修復することができます。

主に修復できる内容は、下記です。

  • 色移りの修正
  • 黄ばみ除去
  • ファスナー修理
  • ボタン取り付け
  • 穴/破れの修理
  • 伸び/縮み直し

上記のような傷は、高級クリーニングで修復することができます。

高級ブランド洋服を出すときのクリーニング店の選び方

水質・溶剤の品質管理を徹底している

高級ブランド洋服を出す際は、水質と溶剤の管理を徹底している店舗に出す必要があります。

なぜなら、仕上がりの質が大きく変わるためです。

水洗いでは、どんな水を使用するかが重要になります。

水質が良くないと汚れ落ちの具合が低下し、それによりごわつきや生地の傷みが発生する可能性が非常に高いです。

ドライクリーニングでは、酸化値や水分量などがポイントになります。

酸化値とはドライクリーニング溶剤に残っている汚れの値をいい、高い酸化値は臭いや逆汚染の元です。

また、一定の水分量があると衣類の水溶性の汚れを落とせます。

しかし、適正値を超えるとシワや色流れの恐れがあり危険です。このように、水質と溶剤の管理不足はトラブルを発生させる原因になります。

1日の生産点数を限定している

高級ブランド洋服のクリーニングでは、1日の生産点数を限定している店舗を選ぶと良いでしょう。

なぜなら生産点数を限定することで、1点と向き合う時間と労力を確保できるためです。

衣類は1点ごとにデザインや状態が異なり、洗い方や必要な加工を見極めて変える必要があります。

また1点ずつ個別に洗えると、他の人の衣類と一緒になる心配がありません。

大量生産している格安チェーン店は、同じ機械でまとめ洗いをする効率重視型です。

他の人のものと一緒に洗うことで、汚れが移ったり生地が傷んだりする恐れがあります。

生産点数が限られていると効率性を考える必要がなくなるため、衣類に最適なケアをしてもらえるのが大きなメリットです。

高級ブランドのクリーニング実績が豊富

高級ブランドのクリーニング実績が豊富な店に出すことをおすすめします。

なぜかというと、繊細な素材を使ったり特殊な装飾品が付いているものが多く、普通洗いとは異なる知識が必要になるためです。

高級品だからといって、丈夫で長持ちするわけではありません。

他にも、使用頻度や製造からの年数も考慮して、適切な乾燥を施す必要があります。

また同じ衣類カテゴリーであっても、洗いや乾燥を全て一緒にするのはトラブルの元です。

例えばダウンジャケットでも、シームレスの水沢ダウンとモンクレールのダウンでは扱いが異なります。

それにもかかわらず、ダウンでまとめて同じように洗うと、水沢ダウンに使われている接着剤が剥がれてしまい失敗する可能性が高いです。

kaoleft
この3つの条件を満たしているクリーニング店にお任せしましょう!

 

高級宅配クリーニングを依頼する際の注意点とは!?

多くの場合、高級宅配クリーニングを依頼する際はブランド製品を依頼すると思います。

ブランド製品は、通常の洋服と比べて値段がかなり変化しますよね。

よって、通常のクリーニングとは異なり注意が必要です。

「ブランド品を依頼する際の注意点って一体なんだろう?」とおもった方はいらっしゃいませんか?

その注意点は、下記になります。

  • 再仕上げ無料の期間をチェックする
  • 依頼する前に、洋服の写真を撮る
  • 保管サービスがあるか確認する
  • 依頼時の注文は、細かく伝える

再仕上げ無料の期間をチェックする

宅配クリーニングには、返却から無料の再仕上げ期間が存在します。

名前の通り、返却されてから洋服をみて満足できない場合に再度クリーニングを行って貰えるサービスです。

非常に便利なサービスですが、注意が必要です。

なぜなら、無料の再仕上げ期間は各宅配クリーニング会社によって異なるからです。

よって、依頼する際は必ず返却からどのくらいの期間が無料の再仕上げ期間かしっかり確認しましょう。

無料の再仕上げ期間が終了してからの依頼は、再度料金がかかるので注意が必要です。

依頼する前に、洋服の写真を撮る

「依頼する前に、洋服の写真を撮る」も意外と重要なポイントです。

依頼前に写真を撮って残すことでクリーニングの変化を確認することができるからです。

また、染みの箇所やほつれの場所をしっかり残すことでクリーニングのトラブル対策にもなるからです。

さらに、写真を撮ることでどの洋服をクリーニングに依頼したか忘れないのでおすすめです。

クリーニングって意外とどの服を依頼したか忘れてしまいがちですよね。

そんな方は、写真を撮ることを忘れないようにしましょう。

保管サービスがあるか確認する

宅配クリーニングには、保管サービスが存在します。

この保管サービスがあるか否かも確認するべきポイントです。

注目するべきは、無料で保管をしてもらえる期間です。

リナビスなどは、最大12か月保管が無料です。(いつ取り出してもOK)

反対に、スワローチェーンは9ケ月など各宅配クリーニングによって保管期間の長さはバラバラです。

また、保管サービスを利用することで自宅で保管するよりも洋服にとってベストな気温・湿度で保管することができます。

よって、虫食いやカビの発生などのトラブルも発生しません。

宅配クリーニングの保管サービスに関してさらに詳しく知りたい方は下記をチェック!

依頼時の注文は、細かく伝える

高級ブランドを依頼する際は、いつものクリーニングよりも細かく依頼をしましょう。

宅配クリーニングの場合は、対面で依頼することができないのでメモなどにどの箇所が汚れているかなど記入して依頼するようにしましょう。

また、ボタンの修正や希望する風合いなどクリーニング完了時のイメージを具体的にメモに書くことで自分の理想の仕上がりになります。

高級クリーニング店一覧|スーツからコートまで対応可能

高級クリーニング店を7つご紹介します。

検品やWクリーニング、溶剤管理、カルテ作成について、それぞれを比較して一覧表にまとめました。

これらの項目は、高級ブランド洋服をクリーニングに出す際に確認した方が良いポイントになります。

一目で分かりやすくなっているため、ぜひ参考にしてください。

店舗名中根クリーニングLaboキレイナリナビスプロケアプラスキューブクレアンワードローブトリートメント
検品の有無
Wクリーニングあり(オプション無料)水洗いのみありありあり水洗いのみも可なし
溶剤管理---
カルテ作成ありありなしなしありなしあり

信頼できるおすすめ高級宅配クリーニング | 東京・大阪

中根クリーニングLabo | 絶対に失敗されたくない人

中根クリーニングLabo アイキャッチ

中根クリーニングLaboは、高品質で高級ブランドのクリーニング実績も豊富です。

「あ、うん」のサービス精神で、熟練職人が衣類に合った提案を行ってくれます。

1日50着に限定した生産体制と、衣類に合ったオプション加工を施してもらえるのが大きな特徴です。

その上、オプション加工代は基本料金に全て含まれているため無料で受けられます。

シミや汚れを落としてきれいを取り戻すことへのこだわりが強いです。

しかし、それによって衣類本来の風合いやシルエットが崩れないようにするため、機械の強弱を数値化するMA洗浄テストを行っています。

そして中根クリーニングLaboは、クリーニング品質研究会に認定されている高品質な店です。

お気に入りの洋服を絶対に失敗されたくないという方には、高品質で仕上がりにできる中根クリーニングLaboをおすすめします。

kaoleft
3つの条件を満たしているかつ、こちらから指定しなくても最適な方法でクリーニングしてくれるので助かりますね!

 

キレイナ | 修復も依頼したい人

キレイナは高級ブランドや特殊品などを数多く受付している宅配クリーニングです。

女性スタッフが多く、女性ならではの気遣いや丁寧さがあります。

キレイナに出すメリットは、復元技術が高いという点です。洗いや乾燥だけでなく、衣類を元の状態に戻す修復も行ってくれます。

近くのクリーニング店で断られた特殊品(レザーやリアルファーが使われている洋服)やウェディングドレスなども対応可能です。

なるべく新品に近い状態にしたい服や、他のクリーニング店で解決できなかった服を出したいときは、キレイナをおすすめします。

キレイナの詳しい口コミ評判や料金、メリットについて知りたい方は、「キレイナでクリーニングした人の口コミ評判は?SNS上のレビューを調査」をチェックしてください。

リナビス | 値段を抑えたい人(保管つき)

リナビス

リナビスは、熟練職人が手間をかけてじっくり行っている宅配クリーニングです。

2020年の宅配クリーニングイメージ調査では1位に輝きました。8つのおせっかいサービスがあり、しみ抜きや毛玉取り、ボタン修理などを無料で受けられるメリットがあります。

洗わない場合でもそれらのサービスを受けられるコースが用意されているため、用途に合わせて利用することが可能です。

しかし手間をかけているため、繁忙期に出すと仕上がりに時間がかかる場合があります。料金は安めなため、高級ブランド服を保管前に軽くメンテナンスしたい方におすすめです。

kaoleft
ちょっとしたメンテナンスはリナビスさんにお任せして良さそうですね!
https://www.tosho-trading.co.jp/cleaning/312
  リナビスの詳しい口コミ評判や料金、デメリットについて知りたい方は、「【体験レビュー】リナビスのクリーニング品質を評価|口コミ評判が悪い・仕上がり最悪は嘘?」をチェックしてください。

【ブランド別】おすすめ高級クリーニング店

モンクレール

モンクレールは、作りが繊細なためクリーニングを断られる場合が多いです。

中綿に使用しているダウンは断熱力の基準や綿の分量が厳密に決められ、シルエットは細かく計算されています。

そのため、扱いを間違えると中綿のボリュームが落ちたり風合いが変わったりするトラブルが発生しやすいです。

高度な水洗い技術を要し手間がかかるため、効率重視の店には特に断られやすくなります。

モンクレールをクリーニングしたい場合は、「モンクレールダウンのクリーニング代の料金相場はいくら?断られるときはどこに出せばいい?」以下の記事を参考にしてください。

カナダグース

カナダグースのクリーニングでよくある失敗には、洗剤や溶剤のシミが付くというのがあります。

保温性が高いダックダウンを使用していますが、その分乾きにくくなるためです。

また中のダウンが偏ったまま乾燥すると、団子のように固まってしまいます。

その他には、スタイリッシュなデザインが特徴ですが型崩れする可能性が高いです。

カナダグースのおすすめクリーニングについては、「カナダグースダウンのクリーニング料金はいくら?水洗いが得意・値段が安いなどおすすめ宅配サービスを紹介」をご覧ください。

水沢ダウン

水沢ダウンは、多くのクリーニング店が扱いに悩む品物です。

水沢ダウンはシームレス仕様になっており、繋ぎ目がポリウレタン樹脂で接着されています。

ドライクリーニングをすると伸びたり剥がれたりするため、シームレスの扱いを正しく知っていることが必要です。

またドライクリーニングできないため、樹脂の劣化を早めないよう高度な水洗い技術が必要になります。

水沢ダウンのクリーニングについて知りたい方は、「水沢ダウンのクリーニング料金や頻度、失敗事例を紹介|白洋舎以外のおすすめ店舗はどこ?」をご覧ください。

タトラス

タトラスのクリーニングが難しいのは、ファッション性を重視したタウンユース前提のブランドであるためです。

アウトドア用のブランドではないため注意してください。

生地やファスナーなどの金具は丈夫ではなく、繊細な作りのために破損の危険が高くなります。

タトラスの特質を理解していない店だと失敗の可能性が高いため、店選びには注意が必要です。

タトラスをクリーニングに出す際は、「タトラスダウンのおすすめクリーニング店舗3選!失敗を防げて白洋舎より値段が安いのは?」をご覧ください。

マッキントッシュ

マッキントッシュのクリーニングが困難なのは、ボンディング加工で防水性を高めていることによって、破損のリスクが高くなるためです。

天然ゴムを使って布地を接着させていますが、ドライクリーニングすると溶けてしまいます。

またクリーニングがきっかけとなって防水テープが剥がれるなど、経年劣化が顕著になる可能性が高いです。

マッキントッシュのクリーニングについては、「マッキントッシュゴム引きコートのクリーニング料金はいくら?白洋舎以外のおすすめ店も紹介!」を参考にしてください。

kaoleft
衣類の特性ごとにクリーニング店を選ぶことが大切です!

高級ブランド服のクリーニングに関するよくある質問

クリーニング料金の安い店と高い店の違いは?

クリーニング料金の安い店と高い店の違いは、大量生産型と少数生産型に分かれていることが理由です。

安い店は効率性を重視して、画一的に処理できる仕組みを作っています。

対して高い店は品質重視のため、衣類に合わせて個別洗いをする仕組みです。

さらに、洗いに使う洗剤や溶剤が安価なものか高価なものかが関係しています。

他の理由としては、工場スタッフがアルバイトやパートなのか、熟練職人なのかの違いです。

安い店ではマニュアルが完備され、知識がないアルバイトやパートの人でも働ける仕組みが整っています。

反対に高い店では、知識や経験の豊富な職人が手間をかけて行っているため高くなります。

以上のような理由によって、総合的な仕上がりの品質に差が出るため、高級ブランド洋服は料金が高い店に出すのがおすすめです。

記事内の「信頼できるおすすめ高級宅配クリーニング店」にジャンプする。

kaoleft
やっぱり高級衣類は職人の方に手間をかけてクリーニングしてもらいたいですね...!

 

高級ブランド服のクリーニングを失敗されたときは?

クリーニングの仕上がりに納得できないときは、再仕上げを依頼できます。

また、再仕上げが不可能な場合は、損害賠償を請求できます。参照:全国クリーニング生活衛生同業組合連合会 クリーニング事故賠償基準)

再仕上げは、汚れが落ちていないときやシワがひどいときなどに手直しをするものです。

基本的に無料で受け付けてもらえますが、引き取り後の7〜30日までと各店舗によって定まっています。

損害賠償は、店側の過失により事故があった場合に受けられて、再仕上げでは解決できない場合のものです。

この2点について明記していない店も中にはあり、その場合は対応してもらえずに揉める可能性があります。

そのため万が一のトラブルに備えて、再仕上げと損害賠償の基準について明確に記載しているクリーニング店に出すのがおすすめです。

kaoleft
もしもの時のために信頼できるお店に任せましょう!

 

シルクやカシミヤなどの素材もクリーニングに出せる?

シルクやカシミヤなどの素材もクリーニングに出せます。

しかし、高級な素材のためクリーニングでの扱いが難しく、失敗されるリスクが高いです。

水や湿度に弱いため、光沢や柔らかさを損なったり、色落ちしたりなどの恐れがあります。

また汚れが落ちにくいため、放置してシミに変わると虫食いに遭いやすいです。

さらに摩擦に弱く毛玉ができやすくなります。

他にも、紫外線を吸収しやすく変色する可能性が高いため注意が必要です。

シルクやカシミヤなどの高級素材は、適切な方法で扱ってもらえる高級クリーニング店に出すのをおすすめします。

記事内の「信頼できるおすすめ高級宅配クリーニング店」にジャンプする。

kaoleft
高級な素材の衣類だからこそ、クリーニング店も高級なお店を選びたいですね!